2017年8月21日月曜日

つってエコ

まだまだ残暑厳しいですが、
この夏、実施した酷暑対策を3つ。

軒に吊材を取付(いすかきりがポイント)
よしずは葦(あし)、すだれは竹
よしずは立てかけ、すだれは吊り。
立てかけずに、よしずを吊ってみました。


 
葦はすごく自然な風合がします。
朝、夕に水をかけると気化熱効果で
周辺温度も下がります。






よしずを吊ってエコロジーな生活。
「つってエコ」です。
吊ればエコなアイデアが広がってきます。

次は、こどもえん。

まず、SUSワイヤーを張ります。
ワイヤーに日よけテント吊り。
材料はリーフテント。(発注者希望によるコールデザイン野田さんセレクト材料)

名前の通りリーフの開口から木漏れ日が漏れてきます。
テントの下に、映る光が揺れ、子供たちも暑さを忘れ躍動します。








吊る材料によって、エコ対策も様々な形があります。
(リーフテントは面白いですね。お勧めです。)

次は、

音で涼む。風鈴です。

ガラス製の乾いた音もいいですが、
今回吊ってみたのは南部鉄器の風鈴。

風に響き、鳴る音は残響があり、気持ちが和らぎ、涼しさを感じます。

 
 
 
 

吊ればエコロジー。
「つってエコ」
次回は、テントを吊ってみたいです。